むつみ乳児保育園  むつみ幼保連携型認定こども園
社会福祉法人 睦福祉会 むつみ乳児保育園&むつみ幼保連携型認定こども園
教育と保育
取り組み
むつみの1日
むつみ乳児保育園 むつみ乳児保育園
年間行事
Q&A
園について

むつみこども園の2021年5月の様子

年長児
やってみたい!

 子どもたちと一緒に遊び、面白いものを見つけたり、楽しいことを共有したりする中で、少しずつ子どもたちの夢中になっているものが分かってきました。

 園庭で遊んでいると 、大きな木を楽器に見立てて演奏する子が出てきました。その姿を見ていた周りの子も次々と打楽器や歌で参加し始め、合奏が始まりました。自然と顔を見合わせ、笑顔をこぼす姿から、子どもたちが「楽しい」を伝え合っていることが分かりました。そして、しばらく遊びを楽しむと、次は「本物の楽器を弾きたい」という、子どもたちの「やってみたい」が出てきました。「作り方知ってるよ」と去年のギター作りを思い出し、空き箱での製作活動につながっていきました。「本物を見てみたい」「持ち方を見たい」と、資料を探し、細かい部分までこだわってつくっていきました。欲しい材料がないときには、何かで代用できないか考えることができる子どもたちです。「ギターは6本だよ」など、子どもたち同士で教え合う姿も見られました。「やってみたい」に向かって、子どもたちが発揮するパワーはすごいなと感じます。

 

 この製作をきっかけに、「今日こそギターを作る」「かき氷を作りたいんだけど」と「やってみたい」が広がってきています。引き続き、子どもたちと一緒に「楽しい」を見つけていきたいと思います。また、子どもたちのつぶやきに耳を傾けて、沢山の「やってみたい」に挑戦していきたいと思います。

 

〔5月の保育の評価・反省〕

  • 一日の活動を話し合うときには、みんなで話し合うことの大切さを伝え、全員が納得して遊ぶことができるようにしたいと思います。意見を出しやすいよう声かけをしたことで、少しづつ話せるようになってきています。

(佐々木 理乃)

 
年中児
発見って楽しい!

 天気の良い日が続き、外遊びをたくさんすることができました。園庭に出掛けると「やった!」のかけ声と共に、すぐに遊びが始まります。

 砂遊びでは、土を掘っているうちに、場所によって土の硬さが違うということに気づきました。また、白や赤、黒など色がついた土もあることを知り、「ここはどうかな?」「同じ色が出てきた」と数人が集まり、まるで宝探しをしているようでした。

 泥遊びでは、自分たちで水の量を調節し、作りたいものによって硬さを変えて遊んでいました。また、泥団子を作っていた子が泥団子をこねながら『ずっとこうしてたらどうなるんだろう』と疑問に思い、実際に試していました。結果は、泥の水分がなくなり、バラバラに崩れてしまいました。

 

 草花遊びも人気の遊びのひとつです。タンポポがたくさん咲いた時には、女の子数人が集まり、タンポポのネックレスやブレスレットを作り、アクセサリー屋さんが始まりました。茎を割って腕に巻き、自分でできない時には、お互いに結び合いながら作っていました。「お客さんにあげるから」と丁寧に作っていた姿が印象的でした。

 遊びの中で、不思議に思ったり、こうしてみたいと思ったことを自分たちで考え、遊びながら試すことが増えてきました。すぐに答えが出なかったり、うまくいかない時もありますが、他の子の意見を聞いたり、もう一度やってみたりしながら、日々考え、発見の繰り返しを楽しんでいます。

 

〔5月の保育の評価・反省〕

  • 図鑑で見つけた草花や虫の名前を調べました。同じ所や違う所に気づいたり、名前を覚えることができました。また、声に出して読んだり、他の子が読んでいるのを一緒に見たり、聞いたりすることで、文字に興味を持つことにもつながりました。

(山内 麻知子)

 
年少児
どこに行こうかな?

 外が晴れていると「お空にお日さま出てるよ」「お外行きたい」と嬉しそうに教えてくれます。「今日はどこに行きたい?」と問いかけると「仁坂公園がいい」「大きい公園に行きたい」と目を輝かせます。

 二歳児の頃に比べ、歩くペースを速めて歩いてみました。始めはペースが掴めずに前の子と間が空いたり、足取りが重く、なかなか前に進みませんでした。職員の声掛けに追いつくのがやっとで、必死に走って間を詰めたり、園に着くと「疲れた」と重そうな体を支えながら座り込んだりしていました。そんな中でも子どもたちの『公園に行きたい』という気持ちが強く、出発前の子どもたちの表情は明るく、輝いていました。公園に行く回数を重ねることで前が空いたことに気がついて自分から間を詰めたり、「前空いたよ」と他の子に教えてくれるようになり、四月より道路の歩き方が上手くなってきました。

 

 公園に着くと、「着いたね」「やったね」という嬉しそうな会話が聞こえてきました。『頑張って歩いて来れた』という達成感を感じながら遊具やかくれんぼ、かけっこなど夢中になって公園内を思い切り走り回っています。時には帰り道を子どもたちと相談して帰ることもあります。地域のお家にお邪魔して花壇の花を観察したり、細い住宅街の中を通ってみたりと色々な発見をしながら園までの探検も楽しんでいます。これからも様々な場所にでかけ、新しい発見と共に体力アップに繋げていきたいと思います。

 

〔5月の保育の評価・反省〕

  • 一人ひとりの歩くペースを把握し、並び順を配慮することでスムーズに歩けるようになってきました。
  • 汗をかいたら服が濡れたり、体が痒くなるので新しい肌着に着替えることを伝え、自分で着替えができるようになってきました。

(伊藤 安美)

 
二歳児
自分の気持ち

 むつみこども園での新しい生活が始まり約一ヵ月が経ちました。一日の生活の流れも少しずつ理解できるようになってきました。朝、二歳児の部屋に入ってくると「○○ちゃん、おはよう」と元気な声が聞こえてきます。自分のリュックや他の子のリュックも分かるようになってきました。自分のことができていなくても「○○ちゃん、落ちていたよ」と巾着袋を持ってきたり、渡してあげたりと微笑ましい場面が多くあります。

 

 先日、積み木で絵合わせ遊びをしていた時のことです。『なーんだなんだ』と言ってから積み木の絵を言葉で伝えてから探していきます。私が『いちご』と言うといちごの積み木を目を大きく開いて見つけようとする姿がありました。「あった」と二人が同じ積み木を取りました。「ぼくの」とお互いに譲ることができなかったのですが、私が「どっちが早かったかな」と言うと二人で少し考えていました。すると、どうしても譲れないと頑張って自分の持っている積み木を見ながら、そっと取りあった子に渡していました。その瞬間二人に笑顔が広がり「次は何かな」と話し始めました。自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちも考えている姿に感心しました。また、一人より二人のほうが楽しいがわかってきていることに、一歳児の時にはなかった育ちの広がりを感じてうれしくなり私の笑顔もこぼれました。

 いろいろな場面で、困っている子や泣いている子に「大丈夫?」「どうしたの」と声を掛けて頭を優しく撫でてあげる場面が増えてきました。これから子どもたちと一緒に成長していきたいと思っています。

 

〔5月の保育の評価・反省〕

  • 衣服の着替えをするだけでなく、洗濯袋に入れて片付けることができるようになってきました。
  • 園庭や山登りをして遊ぶことで、バランスを取りながら斜面を登ったり下りたりすることができるようになってきました。

(伊藤 紀子)

社会福祉法人 睦福祉会

むつみ乳児保育園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-27
電話番号 / 0182-38-8020
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)

むつみ幼保連携型認定こども園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-20
電話番号 / 0182-33-2777
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)
むつみ保育園 | むつみ乳児保育園