むつみ乳児保育園  むつみ幼保連携型認定こども園
社会福祉法人 睦福祉会 むつみ乳児保育園&むつみ幼保連携型認定こども園
教育と保育
取り組み
むつみの1日
むつみ乳児保育園 むつみ乳児保育園
年間行事
Q&A
園について

むつみこども園の2021年8月の様子

年長児
つくるって楽しい!

 毎月二回、にほんのこころプロジェクトでお点前を教えていただき、日本の伝統文化、礼儀作法を学んでいます。

 始めた頃は、ほとんどの子が、お茶やお茶菓子を味わうことを楽しみにしていて、その日が『待ちきれない』という様子でした。が、お茶を点て終わったり、お菓子を食べ終わったりした後は集中力が切れてしまいました。それでも自分が点てたお茶を飲んでもらった時、「〇〇さんのお茶美味しい」と言ってもらえるとはにかんだような笑顔を浮かべたり、満足そうにうなずいたり嬉しい体験が続きました。

 

 そんな子ども達も繰り返すうちに、だんだん集中できる時間が伸びていきました。最近では「次はこれでしょ」と、手順を思い出しながら点てる子も出てきました。また、茶せんの振り方を「家で練習しているの」という子もいます。

 立つ、座るの動作では、どちらの足から動かしたほうがきれいに見えるか考えて、意識して行なっています。『間違えた!』という表情で、違う足を出していたことに気がついて直せる子が増えてきました。

 また、お点前の時間以外に、自分のハンカチで袱紗の畳み方を練習し、意欲を持って取り組む姿もあります。

 できること、分かることが少しずつ増えてきたことで、お点前の楽しみ方も少し変化してきたようです。

 袱紗の畳み方や道具の使い方は難しいのですが、分からなくなった時は先生の手本をよく見ます。『よく見る』という力が、グンと伸びてきました。 子どもたちの『できた』を認め、ひとり一人の意欲を伸ばしていきたいと思います。

 

〔8月の保育の評価・反省〕

  • 暑い中で活動する日が多く、子どもたちの健康状態の確認、水分補給をこまめに行うようにしたことで、意欲的な活動につながりました。

(佐々木 理乃)

 
年中児
表現するって楽しい?難しい?

 茂木先生と生徒さんたちの『楽しい童謡コンサート』に参加した時のことです。歌が好きで、茂木先生との歌の時間を楽しみにしている子が多くいます。コンサートということで、いつもと違った雰囲気だったので、子ども達も最初は緊張した表情でした。歌が始まると生徒さんたちの綺麗な歌声やピアノの演奏に子ども達が、どんどん引き込まれていくのがわかりました。

 

 真剣な表情でじっと聴き入る子、体を揺らしながら聞いている子、一緒に歌を口ずさんでいる子と楽しみ方はさまざまでした。ある子は、ピアノや歌声に合わせて、自分の手を動かしリズムを感じながら聞いていて、音を楽しみ、心地良く感じているのがわかりました。

 音楽だけでなく、日々の遊びの中でも、子どもたちの表現の仕方、感じ方は人それぞれ違います。それを、上手に表現できる子もいれば、上手く表現できない子、恥ずかしくなってしまう子もいます。子どもたちが表現することを、一人だけではなく、みんなで共有することで、『自分と違う考えだけど、一緒にやってみると楽しいな』『この人はこんな風に感じているんだ』と子どもたち同士の気持ちがまとまっていくのが分かる場面が増えてきました。コンサートが子どもたちに良い刺激を与えてくれました。

 これからも、子どもたちが自由に自分を表現できる場をたくさん作り、わくわくする遊びを一緒に考え、楽しんでいきたいと思います。

 

〔8月の保育の評価・反省〕

  • 水遊びをしました。水に慣れてきたことで、「潜る」「泳ぐ」と目標を決めて、取り組むことができました。
  • こまめに水分補給を行い、熱中症予防に努めました。汗をかいたら、着替える、水分を摂る等、習慣としてできるようになってきました。

(山内 麻知子)

 
年少児
水遊び最高!

暑い日が続いた8月。子どもたちはお休みの間の楽しかった出来事をたくさん話してくれました。

 家族で海に行ったこと、美味しい焼き肉を食べたこと、アイスクリームをたくさん食べたことなど、本当に嬉しそうでした。そこで、とびっきりの楽しい経験をみんなの前で話してもらうことにしました。緊張したり照れたりしながらでしたが、はっきり話すことができるようになっていた姿に頼もしさを感じました。もちろん、聞くことも上手になっていました。話す時も、聞く時もみんな笑顔を見せていました。

 

 自分が次に何をするのかを考えながら行動することもできるようになりました。『色々なことが一気にできるようになった』そんな印象さえ受けます。

 水遊びも盛り上がっています。プールに入り、水の冷たさに慣れてくると『ワニになろう』『カニもできるよ』など色々な動物や生き物の動きを真似しながら遊んでいます。子どもたちが大好きなビー玉探しでは、プールの中に撒いたビー玉を「どこだ?」と水面に顔を近付けながら一生懸命に探しています。ただ見つけるだけではなく、他の子と何色を見つけたのか見せ合ったり、ビー玉の数を数えてみたりして色や数にも興味を見せています。他にも年中児や年長児の真似をして水面に顔をつけたり、息を止めて潜って泳いでみたりと『こんなこともできるようになったんだね。』と思うことがいっぱいあります。バタ足で顔に水がかかっても手で顔を拭って笑っていることも嬉しい成長です。

 九月はいよいよ運動会です。やる気満々で張り切っている子どもたちが、これからどんな成長を見せてくれるのか楽しみにしています。

 

〔8月の保育の評価・反省〕

  • プール遊びや水遊びを通して、水着に着がえる手順や片づけの仕方、服の畳み方を少しずつ理解し、自主的に取り組むようになりました。

(宇都宮 美代子)

 
二歳児
「手伝って」から「やってみよう」に

 毎日、プール遊びを楽しみにしている子どもたちからは、「先生、プールする?」「着がえる」と声が聞こえます。自分のプールバックが部屋に並べてあるのを見つけると「やったー」と言いウキウキして準備の始まりです。

 水着に着がえる前には、トイレに行き、手洗い、水分補給をしています。最初のころは、早くプールに入りたい気持ちだけで自分のプールバックを探し出し、バックから水着を出し、着がえの準備を始める子どもたちでした。

 

 今は、準備の順番を理解し「トイレいってきます」「手を洗う」などと、自分のする行動を声に出して教えてくれるようになりました。ところが、着替えを始めると「先生、やって」「できない」「一緒にやろう」の声に変わっていきます。そのため着がえの時は、私たちが一人ずつ関わりながら手順を伝え、一緒に着がえができるようにしました。すると着ていた洋服を脱ぎ始めると「できない。やって」と言っていた子たちが、自分で脱げるように体を動かしたり、手を出したり引込めながら脱ごうと奮闘するようになりました。やっとの思いで脱いだ洋服は、床の上に抜け殻のようにあちらこちらに散らばっていた部屋の様子も、やり方が身についてくると脱いだ洋服を袋に入れて片付けることができるようになり一変しました。さあ、タオルを大切に抱っこするとプールへ出発です。

 暑い暑いと思っていた猛暑の夏も、懐かしいと思うような朝夕の気温になってきました。残り少ないプール遊びを、子どもたちと一緒に楽しみたいと思っています。

 

〔8月の保育の評価・反省〕

  • プールの中を歩いたり、ワニ歩き、こうま、あひるなどのリズム体操の歩き方を取り入れたことで、水の中でスムーズに体全体を使うことができました。

(伊藤 紀子)

社会福祉法人 睦福祉会

むつみ乳児保育園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-27
電話番号 / 0182-38-8020
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)

むつみ幼保連携型認定こども園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-20
電話番号 / 0182-33-2777
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)
むつみ保育園 | むつみ乳児保育園