むつみ乳児保育園  むつみ幼保連携型認定こども園
社会福祉法人 睦福祉会 むつみ乳児保育園&むつみ幼保連携型認定こども園
教育と保育
取り組み
むつみの1日
むつみ乳児保育園 むつみ乳児保育園
年間行事
Q&A
園について

むつみこども園の2021年9月の様子

年長児
かっこいいってどんなこと?

  八月に、運動会でオープニングをすることと、どんなことをしたいか、どんな姿を見せたいかについて子どもたちと話をしました。「かっこいいところ」「すごいところ」「連続逆上がり」「跳び箱五段の縦」など、少し高度なことをやっているところを見せたいという意見でした。その時に、かっこいいとかすごいというのは、みんなができないことをするだけではなく、ひとつひとつの動きをしっかり行うこともかっこいいことの一つだと伝えました。

 

 例えば、跳び箱を跳ぶ時にしっかり蹴って踏み切る、手の指をしっかり開いてつく、合図を出す時はピンと腕を伸ばして手をあげるなど、色んなところで「かっこいい」を見せられると話をしました。そしてそれは見せたい時だけ頑張ってもできないことで、いつも気を付けることが大切だと話をしました。

 するとそこから少しずつ子どもたちの意識が変わっていきました。リズム体操やサーキットの時、ひとつひとつの動きでどこに気を付けたらいいのかを考えるようになってきたのです。さらに自分だけではなく、仲間たちの動きを見ることや、一緒に返事をしたり、相手に合図を送ったり息を合わせて行うことができるようになってきました。 ただ手をあげて合図するだけでは合図は伝わらない、しっかり目を見て合図を送る、次のことを考えて動くなど、少しずつできるようになってきました。何よりも遊びの中でも仲間を思いやる言葉や行動も見られることが増えてきました。責め合う言葉よりも認め合う言葉が増えてきたこと、とても嬉しく感じました。

 

〔9月の保育の評価・反省〕

  • トイレのスリッパが揃っていない時できていないことを怒るだけでなく、揃っていると次の人が履きやすい、自分が履く時揃っていると気持ちがいいなどを伝えることですすんでやってみようとすることに繋がりました。

(松井 空子)

 
年中児
どんなふうに育つかな?

 食育でかぼちゃを見た時のことです。「どうやったら種からかぼちゃまで大きくなるんだろう?」という話がでました。「水の中に種を入れればいいんじゃない?」「土の中に植えるのは?」と、子どもたちなりに考えた意見が出てきます。「やってみる?」と聞くと、「やってみたい!」とわくわくした様子の子ども達は、種をこの二つの方法で育ててみることにしました。

 どこに植えるのか。どこから土を持ってくるのか。水を入れておく容器は何を使うのか。決める事はたくさんあります。「園庭の土に植えたらどう?」「そしたら遊ぶ時に踏まれちゃうよ。」「こども園の前は?」「お花が咲いてるよ。」と意見は尽きません。すると、以前育てたどんぐりのことを思い出した子がいました。「コップみたいな物に入れて育てたよね。同じ方法でやってみよう」と、グループごとにポットに種を植えてみることが決まりました。

 

 次に話し合うのはポットに入れる土です。「園庭に土あるけど、栄養ない土かも。」 「駐車場の後ろにも土があったよ。」子どもたちは色んな事を知っていて、たくさんの考えを出してくれます。グループごとにどのくらいの量の土を入れるのか、水はどのくらいかけるのか、みんなで話し合いながら種を二つずつ植えました。種を水の中に入れておく容器もグループごとに話し合って決め、水と種を入れてみました。

 種は育ってくれるかな?大きな芽が出てくれるかな?二つの作業をしている時の子どもたちの顔は、そんな期待感で笑顔いっぱいです。種はどう変化していくのか、もしかしたら変化はないかもしれません。わくわくを子どもたちと感じながら、大事にお世話していきたいと思います。

 

〔9月の保育の評価・反省〕

  • 運動遊びを行う時に、ひとりひとりの動きを褒めることで、意欲と自信をもって挑戦できるようなりました。

(遠藤 瑞季)

 
年少児
秋、見つけた。

 秋を迎えさわやかな風が吹く毎日が続いています。楽しかったプール遊びも終わり子どもたちは園庭、公園、屋外遊戯室で遊ぶことを楽しんでいます。ある日、園庭奥の山でどんぐりを見つけました。「どこから落ちて来たんだろう。」とみんなで周りを見まわしました。「あ、どんぐりの木、あれじゃない?」子どもたちが『ナラの木』を見つけました。(子どもたちは『ナラの木』と言う名前は知りませんでした。)でも、その木の下に行くには背の高い草がたくさん生えていて進めそうにありませんでした。すると「わかった。長袖と長ズボンにしたら行けるよ。」「そうだね。そうしよう。」「山の上の方に行ってみたい。」と自分たちで次の活動を話し合っていました。

 休みを挟んだ次の月曜日。子どもたちは忘れていませんでした。「先生長袖準備してきたよ。山に行こうね。」「そうだよ。どんぐり探すんだよね。」と嬉しそうな笑顔を向けてくれました。

 

山を上り始めると「こっちにいってみよう。」「こっちは上れるかな。」と周りの子と一緒に考えて挑戦する姿が見られました。斜面を上れない子がいると「頑張って。」と言いながら手を差し伸べる子もいました。自分だけではなく他の子にも優しくしてあげられる気持ちが育っていることを強く感じました。

 山の中でどんぐりの木を見つけた子どもたちは、葉っぱや帽子がついたままのどんぐりを集めてとても嬉しそうでした。『どんぐりの木』には、『ナラの木』と言う名前があることも知りました。みんなと一緒にまた、秋を探しに行きたいと思います。

 

〔9月の保育の評価・反省〕

  • プール遊びや公園での活動に取り組み楽しむことで「一緒にやってみよう。」「これ楽しいよ。」と誘い合う姿も多く見られるようになりました。

(宇都宮 美代子)

 
二歳児
力強い足取り

 「公園行きたい」「山探検行きたい」「虫探ししたい」など、やってみたいことがはっきりしてきた子が増えてきました。そして、自分でやりたいと言うだけあって、春に比べて準備も格段に早くなってきています。準備ができると「行ってきまーす」と張り切って出かけて行きます。

 

 先日、公園に出かけた時のことです。第一陣のグループが驚くほど力強い足取りでどんどん進んでいました。前の子と少し間隔が開くと「ねぇ、前行ったよ」と後ろの子が声が聞こえてきました。保育教諭が声をかけなくても、自分たちで気づき自主的に声をかけていたのです。まさに、『公園で遊びたい』という強い気持ちが、前に前にと足を進めているのだと感じました。公園では砂場で「どうぞ、かき氷でーす」とかき氷屋さんが始まったり、ジャングルジムでは一番上まで登り「やっほー」と下にいる子に手を振って景色を楽しんだりと、少しずつ他の子と関わりながら夢中になって遊んでいます。そして、たっぷり遊んだ後の帰り道でも、変化がありました。「ピンクのお花咲いているね」「この病院○○ちゃんのお母さんがいるんだよね」と周囲の様子を見て楽しむ子が増えてきました。ずいぶん体力がついてきた証拠だと感じています。

 来月は、もう少し距離を伸ばしたところを選択肢に入れてみたいと思います。子どもたちと、また新たな発見を楽しみたいと思います。

 

〔9月の保育の評価・反省〕

  • 衣服の汚れに気づき、自分のロッカーから衣服を出し着がえる、洗濯袋に汚れた服を入れるだけではなく、使用したロッカーをきちんとしまう事に気づき、一人でできるようになってきました。
  • 園庭で虫や植物を見つけ、保育教諭と一緒に観察し、ミニ図鑑を手に取り、調べて名前を知る事ができました。

(木村 愛子)

社会福祉法人 睦福祉会

むつみ乳児保育園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-27
電話番号 / 0182-38-8020
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)

むつみ幼保連携型認定こども園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-20
電話番号 / 0182-33-2777
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)
むつみ保育園 | むつみ乳児保育園