むつみ乳児保育園  むつみ幼保連携型認定こども園
社会福祉法人 睦福祉会 むつみ乳児保育園&むつみ幼保連携型認定こども園
教育と保育
取り組み
むつみの1日
むつみ乳児保育園 むつみ乳児保育園
年間行事
Q&A
園について

むつみ乳児保育園の2021年9月の様子

乳児
お山を越えて箱車を押して!

 子どもたちは、這い這いしたり立ったり、よちよち・スタスタ歩いたりしながら、自分の好きな所にどんどん行動範囲を広げているこの頃です。

 這い這いの子どもたちは、私が仰向けで寝るとお腹の上に上ってきます。そして胸の辺りまで身体が乗った時、私が寝がえりの要領でそっと動くと、自分で床に手を着いて前に進みます。「お山を越えてヨイショ」と声をかけるとにっこり嬉しそうです。「もう一回?」と人差し指で示しながら声をかけると大喜びで繰り返します。以前より反射的に手を前に出せるようになっている事に驚きました。

 

 立ったりよちよちと少しずつ歩いている子どもたちは、箱車を押して遊ぶのが大好きです。ハイハイで移動し両手で箱車をきっちり掴み、ゆっくり立ち上がります。「1、2、1、2、上手」とほめると、どんどん進んで行きます。よちよち歩き始めた子は、最初箱車をゆっくり押していきますが、段々押す力が強くなると足取りが追いつかず、這い這いをしているようになっていきます。転んでしまうかなと思いきや、膝を着くことなく押し通していく姿が頼もしいです。さらにぐんぐん押して壁の所で止まると、左手で箱車をしっかり支え、右手でぐいんと回して方向転換をしてまた押していきます。

 自分の箱車の他に3台も力いっぱい押して動かす足の踏ん張りも凄いです。箱車に出入りする時は、箱車の角の両端を両手で掴み、先に左足をおろしてみたものの床に足底がつかず断念しました。しかし次に右足をそっと下ろしてつま先をピンと伸ばして床につけ、右足底が全部床につくまでゆっくり足をずらして降りていく工夫にも感心しました。

 次月も子どもたち一人ひとりの発達過程に合わせた遊びを提供し成長を見守っていきたいと思います。

 

〔9月の保育の評価・反省〕

  • 階段の上り下りや箱車・マットの山等で身体を動かして遊ぶ楽しさを知ることができました。
  • 子どもたちの体調やその日の気温・活動に応じて水分補給やシャワーを行い快適に過ごすようにしました。

(佐藤 栄子)

 
一歳児
みてみて!

 少しずつ風も冷たくなり、秋を感じるようになって来ました。天気の良い日には、仁坂公園や支援学校へ散歩に出かけました。誘導ロープを握って歩くことにも少しずつ慣れてきたようで、最近は目的地へ向かって歩きながら様々な発見をしています。

 

 ある日、支援学校方面へ散歩に出かけた時のことです。「あっ、みて」の声が聞こえ、その方向を見てみると体育館の窓ガラスに映った私たちの姿がありました。子どもたちは「○○いた」「○○ちゃんもいるね」と言い合いながら発見を共有していました。その後、窓の自分に手を振って先に進み、支援学校の畑の側で遊んでいる時のことでした。「みてみて」と子どもたちが一か所に集まり空を指差していました。その先を見ると長い飛行機雲がありました。子どもたちは、どこまでも続く雲を辿るように右から左へと視線を向けたり、指先で辿りながら「ながいね」「どこいくんだろうね」と口にしたりと反応は様々でした。そして、姿が見えなくなった飛行機に「ばいばーい」と手を振ってからそれぞれの興味のある場所へと向かいました。

 初めは足元に向いていた視線が少しずつ高くなり、今では手の届かない空まで向いている事にとても驚かされた出来事でした。私たちは子どもたちと話す時は同じ目線でと思いながらも、つい足元ばかりに視線が向いてしまっていました。しかし、発見は足元ばかりではありません。これからは少し視線を高くし、世界を広げながらたくさんの発見をしていこうと思います。

 

〔9月の保育の評価・反省〕

  • 外での活動で、こおろぎや赤とんぼ、松ぼっくりやきのこ等を発見して、季節の変化に触れることが出来ました。
  • 子どもたち同士で『かして』『どうぞ』のやり取りが見られるようになってきました。

(高橋 麻衣)

社会福祉法人 睦福祉会

むつみ乳児保育園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-27
電話番号 / 0182-38-8020
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)

むつみ幼保連携型認定こども園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-20
電話番号 / 0182-33-2777
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)
むつみ保育園 | むつみ乳児保育園