むつみ乳児保育園  むつみ幼保連携型認定こども園
社会福祉法人 睦福祉会 むつみ乳児保育園&むつみ幼保連携型認定こども園
教育と保育
取り組み
むつみの1日
むつみ乳児保育園 むつみ乳児保育園
年間行事
Q&A
園について

むつみこども園の2022年12月の様子

年長児
みんなで楽しむクリスマス

 十二月に入り、クッキー作りやリース作りなどクリスマスに向けてだんだん気持ちが盛り上がってきました。さつまいものつるで作ったリースの飾りつけでは、材料を見ながら「 私はこうしよう」「こうしたらかわいくない?」とそれぞれ創意工夫しながら作っていました。自分の考えに周りの子の作っているものをプラスして「それいいね、教えて」と一緒に作ったり、材料をとる時にそれに気が付いた隣の子がさっと手伝ってくれたりする場面がたくさんありました。

 「クリスマスにはお家でパーティーする」という子がいて、園でもクリスマスパーティーをしたいということになりました。サンタさんに来てほしい、乳児さんとも遊びたい、みんなで踊りたい、歌いたいなど年長児の中から色んな意見が出てきました。年に一度のクリスマスを、園全部で楽しみたいと思う年長児の子どもたちの『仲間と一緒に』という強い思いを感じました。

 

 自分たちで歌、踊り、合奏に分かれました。それぞれのグループでも年長児が意見を出して練習が進んでいました。何より楽しんでいる姿がとても印象的でした。クリスマス本番にはサンタさんも来てくれるか楽しみです。

 新しい年を迎える話をみんなでしました。その中で、新年の挨拶をしようと年賀状を書きました。年賀状って何だろうという子もいましたが、「年賀状って書くの大変」「だけど楽しいね」との声も聞こえました。送りたい相手を思い浮かべて心を込めて書くことができました。

 慌ただしく過ぎていく日々ですが、大切にしたい気持ちや続けてきた伝統行事を大事にしたいと思いました。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  • 雪遊びを楽しむために遊びのルールを確認したり、防寒着などの着脱方法などをみんなで確認しました。はじめの準備をしっかりすることで安全にじっくり遊ぶことに繋がりました。

(松井 空子)

 
年中児
落ちてくるものは…?

 今、『おちたおちた』のゲームにはまっています。「おーちた、おちた」のかけ声に続けて「何が落ちた?」と子どもたちが答え、その後に続く言葉を聞いて、言葉に当てはまる動きをします。『帽子』は『頭』を、『カミナリ』は『お臍』を押さえます。『りんご』は『落ちないように両手で拾い』ます。

 最初は普通の速さで、次は段々速く、子どもたちからのリクエストに合わせて変えていきます。他には、私が違う動きをするのにつられないようにする、というのもやってみました。『次は何がくるんだろう』と私を見ている子どもたちは集中していながらも、楽しんでいるのがわかりました。

 

 私が「他にも落ちてくるものってあるかな?」と言うと「落ちてくるもの…」と考えたあとで「雪?」と呟く声が聞こえました。その言葉が周りの子にも伝わり「雪だるまがいいんじゃない?」と言うことになり、「じゃあ、こうやって拾おう」と両手を高く上に挙げました。そこから『おちたおちた』をする時には「他に落ちて落ちてくるもの」をみんなで考えるようになりました。雪だるまの次に出てきたのは『毛虫』でした。「毛虫だから触ると痒くなっちゃうよね」の一言から、毛虫は捕まえずに「きゃー」と横に倒れて避けるということになりました。その次は『おばけ』です。おばけを捕まえてみたいということになり「虫取りの網でやったら逃げられないんじゃない?」と網で捕まえることにしました。

 どんなものが落ちてくるのか考えている時の子どもたちがとても楽しそうで、面白い発想に私もわくわくした気持ちになります。年中児オリジナルの『おちたおちた』がどこまで増えるのか私も楽しみです。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  • 雪遊びの約束について話し合いました。約束をお互いに教え合ったり、確認しながらの遊びにつながりました。

(山内 麻知子)

 
年少児
知らなかったね

 食育は野菜中心に行っていますが、今月は『米』を見ました。

 給食担当が準備したトレーの上にはもみに包まれたままの米、玄米、白米が入った皿がありました。それを見て子どもたちは「これはむつみで食べてる」「これはお家で見たことある」と周りの子と話しだしました。もみに包まれたままの米は始めて見る子が多く中に米が入っていることを知らせると興味津々でもみを剥き始めました。小さな米粒のもみを剥くことは容易なことではありませんでした。でも子どもたちは想像以上の集中力でもみを次々に剥いていました。そして「わあ、本当にお米が出てきたよ。」「おもしろいね」と周りの子と楽しそうに話していました。普段何気なく毎日食べているお米を、もみのままで見たり触れたり貴重な時間になりました。

 

 「お米研ぎもしてみる?」と聞くと「やってみる!」早速お米研ぎが始まりました。普段年長児がやってくれているお米研ぎを、憧れの眼差しで見ていた子どもたちは大喜びでお米研ぎに取り組みました。「水冷たいね」「流さないようにするんだよね」などお互いに声をかけ合う様子は、冷たい水をものともせずとても嬉しそうでした。その日のおやつの炊き込みご飯には、年少児が研いだ米も使って作ってもらいました。そのことを紹介すると年長児や年中児からは、「ありがとう」「すごいね」の言葉をかけてもらい得意気な表情を見せていました。自分たちが研いだご飯の味は、「美味い!」格別な味だったようです。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  • 雪遊びの準備に取り組むことで手袋や足カバーなど難しかったことも自分でできるようになってきています。

  • お絵描きや折り紙などじっくりと取り組む時間も多くなってきています。

(宇都宮 美代子)

 
二歳児
ラッセル車二歳児号!

 週初めの園庭は、週末の積雪により足跡一つついていない一面銀世界となっています。私の、腰程までの積雪がある日もありました。大人であればきっと第一声は「うわー」の落胆の声ですが、子どもたちは「わー」と目を輝かせます。真っ白な世界に足を踏み入れるのが本当に嬉しいようです。

 

 一番先に園を出発するのは、こども園で一番元気な二歳児です。積雪があればあるほど「ふわふわの雪だ!」「真っ白だ!」と大喜びで雪をこいで歩きます。大人の私ですら前に進むのが大変で、園庭に到着する時にはすでに汗だくになってしまうほどです。子どもたちの小さな身体では、どのくらい大変かがお分かりになるかと思います。みんなで一列になって道なき道を突き進む姿はラッセル車のようです。全員で一丸となり、雪をかき分けながらどんどん前に進んで行きます。歩く度に雪の中に沈みそうになったり、埋もれそうになったり、長靴が脱げてしまったり、困難なこともたくさんあります。ですが、大好きなそり滑りや雪だるま作り等がしたい為一生懸命前に進みます。二歳児全員で園庭までの道を作ると、「迷路みたいのができた」「道が出来た!」と大喜びです。雪道を歩くことで、足腰が強くなり、体幹も鍛えられ、体力もつく等、良い運動になります。雪が消える頃には、今まで以上に自分の身体の使い方が上手になり、心も身体もたくましい子どもたちへと成長していることとと思います。

 冬にしかできない、雪があるからこそできる遊びを、園庭に雪がある限り、たくさん経験していきたいと思います。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  • 雪遊びを通して、そりやバケツは全員分ないことを理解し、貸し借りして遊ぶことができるようになってきました。

  • 防寒着の着脱が自分でできる子が増えました。できないところは子どもたち同士で手伝い合っています。

(築山 加奈)

社会福祉法人 睦福祉会

むつみ乳児保育園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-27
電話番号 / 0182-38-8020
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)

むつみ幼保連携型認定こども園
住所 / 〒013-0064 秋田県横手市赤坂字仁坂105-20
電話番号 / 0182-33-2777
開所時間 / 7時~19時(延長保育時間を含む)
むつみ保育園 | むつみ乳児保育園