むつみ乳児保育園  むつみ幼保連携型認定こども園
社会福祉法人 睦福祉会 むつみ乳児保育園&むつみ幼保連携型認定こども園
教育と保育
取り組み
むつみの1日
むつみ乳児保育園 むつみ乳児保育園
年間行事
Q&A
園について

2022年8月の子どもたちに人気のレシピ

さくべい

 

材 料(57個分)     

米粉:15g
小麦粉:10g
塩:0.1g
ベーキングパウダー:0.1g
水:小さじ1~
なたね油:適量
青のり:1g
塩:少々

 

【作り方】

①米粉、小麦粉、塩、水、青のり半分を混ぜて2本の棒状にしてねじります。
②クッキングシートに並べて、油を塗り、オーブン180℃予熱して15分焼きます。(フライパンの場合は少し油をひいて両面焼いてください。)
③フライパンに青のりと塩を乾煎りします。
④②に③をふりかけてできあがりです。

※「索餅(さくべい)」は七夕に食べていたもので、後に七夕料理でるそうめんの素になったと言われています。むつみの索餅は硬くて噛むのが大変ですが、噛めば噛むほど味がしておいしいと人気です。簡単に作れますのでぜひ作ってみてください。

 

スペシャルランチ【夜空に舞うほたる】

  7月のスペシャルランチは「ほたる」でした。ほたるの羽はなすで表現しました。普段、なすが苦手と言う子も、喜んで食べていました。澄んだ川のそうめんは冷たくて大人気で完食しました。

 実際にほたるを見たことのある子は少なかったのですが、この時期しか見ることのできない生き物をいっぱい見つけて楽しんでほしいと思います。夜に家から外に出るだけで子どもたちはわくわくでいっぱいな気持ちになります。少しの時間、親子で夜散歩などいかがでしょうか。






2022年8月の子どもたちに人気の乳児食レシピ


夏の木陰
 

材料:(子ども1人分)

大豆ミート:5g
にんにく:0.1g
油:0.5g
塩:0.06g
醤油:0.6g
みりん:0.5g

かぼちゃ:15g
ごぼう:7g
玉ねぎ:8g
ミニトマト:1/2個
さやえんどう:1/2本
にんにく:0.03g
油:0.2g
塩:0.03g
醤油:0.5g
みりん:0.2g

 

【作り方】

①かぼちゃとごぼうは乱切り、玉ねぎはくし切り、ミニトマトとさやえんどうは半分に切ります。
②みじん切りにしたにんにくと調味料を合わせ、①をくぐらせます。
③②を天板に並べ、170℃に予熱したオーブンで10分程焼きます。
④大豆ミートは沸騰したお湯で茹でた後、調味料を漬け込み180℃に予熱したオーブンで15分程焼きます。
⑤③と④の焼き色がついたら彩りよく器に盛り付けて完成です。

「お肉ちょうだい!」「お肉おかわり!」と大豆ミートが大人気でした!

スペシャルランチ【夜空に舞うほたる】

 

7月のスペシャルランチはこの時期ならではの『ほたる』です。ほたるを知っている子や実際に見たことがある子は少なかったようですが、大きな天板に子どもたちの大好きな素麺となすの皮をつけた肉団子のほたるが出てくると「むしさんだ!」「すごーい」と褒めてくれました!素麺は大人気で喜んで食べていました。

夜、少しだけお散歩してみると、夏のこの時期にしか見ることのできないほたるに出会えるかもしれませんね。






むつみこども園の2022年7月の様子

年長児
絵本から学ぶこと

 毎月『今月の絵本』を子どもたちと一緒に楽しんでいます。絵本を渡すと「どういうお話かな?」「玄関で見てた」と関心の高さがうかがえます。一回目は私の読むのに合わせて、自分でページをめくります。が、二回目以降になると、私が読んでいるのに合わせて声に出して読もうとしている子がいました。また、ロッカーに置いている絵本を、好きな時間に出してきて楽しむ子も出てきています。

 

 今月の絵本は、『ねこまたえん』という絵本でした。「ようちえん行きたくない」という男の子がねこに誘われてねこまたえんに行くというお話です。子どもたちにも想像しやすいようでしたが、また不思議な感覚でもあったようです。「えー行ってみたい」「でもトイレがないからな~」と空想の世界の中で、現実的な生活の面の困難さも感じているようでした。

 何回か読んだ後に、「このページが好きだななど感想はありますか?」と、聞いてみるとみんな答えてくれました。「私はこのページが好きです。」と教えてくれて、「どうしてですか?」と聞いてみると「このねこちゃんがとってもかわいくて会いたいからです」と教えてくれました。絵本の世界に入り込むおもしろさや、そこで実際に自分はどうしたいのか、そんなところまで考えている子どもたちの想像力が深くなってきていると感じました。

 自分の思ったことを話したり、他の子の意見を聞いて「なるほど」と共感したり、自分の考えを再確認している場面もありました。夢が広がり想像の中で何でもできる絵本のおもしろさ、絵本から広がる独自の世界をこれからも楽しんでいきたいと思います。

 

〔7月の保育の評価・反省〕

  • 結果だけでなく、どうしてそう思ったのかを聞くことで、理由や過程を子どもたちが考えることに繋がりました。

(松井 空子)

 
年中児
どうやって作ろうかな…

 園庭で活動していた時のことです。山の下の斜面で遊んでいた子たちが、「恐竜の卵を見つけた!」と、大発見したと興奮気味に知らせに来てくれました。早速見にいってみると、白い卵の殻のような形のかけらが数個ありました。それを指差して、「もしかしたらこの山で生まれたんじゃない」と子どもたちは想像を大きく膨らませていました。

 

 後日、以上児室で「ここはもっと長く」「ここは口だから空けないと」と真剣にブロックに取り組んでいる子たちがいました。私が「何作ってるの?」と聞くと、「恐竜だよ」と、楽しくて仕方ない様子で教えてくれました。部屋では二足歩行の恐竜を作る子もいれば、空を飛ぶ恐竜を作る子もいました。「上手に作れてるね」と声をかけると、「先生は恐竜好きなの?」「園庭にいるかもしれないよ」と教えてくれました。自分が好きな物を、想像したり、試したりしながら作っていく姿にワクワクとした気持ちが溢れていました。

 今、忍者になりたい子たちが忍者の衣装を調べて作り始めています。自分で好きな色のポリ袋を選び、服の形に切ったり帯をつけたりし、自分のなりたい忍者の姿を目指しています。ポリ袋を切ることに苦戦している様子もありましたが、自分で作りたいという真剣な気持ちが伝わってきました。また、折り紙や花紙でリボンやブレスレットを作り、おしゃれを楽しんだり交換して楽しんだりしている子たちもいます。今、子どもたちは作り上げていく楽しさや、仲間と一緒に想像力を広げながら一緒に考える時間を共有しています。

 

〔7月の保育の評価・反省〕

  • 活動後に使った物を片付けてから次の遊び・活動に移ることを伝えました。次の人が使う時どんな気持ちか、散らかったままだとどうかという話をし、少しずつ意識が向くようになってきました。

(山内 麻知子)

 
年少児
屋外遊戯室で遊んでみたい

 「せんせい、おくがいゆうぎしつで遊んでみたいな」と子どもたちからの意見がありました。ちょうど屋外遊戯室で遊びたいと考えていたタイミングだったこともあり、他の子どもたちも誘ってみました。「わあ、楽しみ」と言いながら驚くほど静かに屋外遊戯室に向かう心の内側は、わくわくドキドキする気持ちがあふれそうでした。

 以上児室から眺めていただけの年少児は、遊戯室に立つと「すごいね」「高いね」と天井を見上げて歓声をあげました。どの遊具も初めて遊ぶものばかりだったので、一つ一つの遊具の名前を知らせたり、ルールを話したりしました。子どもたちは、とても楽しみにしていたようでしっかりルールを守っていました。緊張した表情の中にも、時々笑顔を見せて遊びました。

 

 大きい雲梯に行った子がじっと見て、「てつぼうとおなじだね」と『ぎゅっと握る』ことに気がつきました。まだまだ先に進むことは難しいですが、挑戦する気持ちが素晴らしく、たくさん応援したいと思います。また、すべり台に向かう丸太の階段をつま先にしっかりと力を入れて上ることができていました。しっかりと足の指先に力を入れたり、足首の動きが柔軟だったりするのは、毎日のリズム体操の効果かと感じています。

 二回目の屋外遊戯室での活動は年長児、年中児と一緒でした。自分より大きな丸太に上る様子を目を輝かせて見ていた年少児は「やってみてもいい?」と初挑戦です。年長児や年中児と一緒に生き生きと楽しむ年少児には、運動する楽しさをどんどん経験して欲しいと思っています。

 

〔7月の保育の評価・反省〕

  • 『やってみたい』『やってみよう』の気持ちを大切にして活動を考えることで落ち着いて活動に取り組めるようになってきました。

  • 汗をかいたら着替えることが意識できるように声をかけています。

(宇都宮 美代子)

 
二歳児
雑巾掛け、雑巾絞りに挑戦!

 おやつを食べた後、一度二歳児室に戻ります。その時、バケツに雑巾を入れて持って行きました。「それ何?」と、その時いた全員がバケツに食いついてきました。「何だと思う?」と聞くと「雑巾!」「雑巾で何するの?」と返ってきました。「お部屋をお掃除したいな。みんなで使ったお部屋をピカピカにしない?」と言うと「する!」「やる!」と元気な返事が返ってきました。

 

 まずは、雑巾の絞り方を伝えました。①雑巾を畳む②絞るの順番に見本を見せると、子どもたちも張り切って雑巾を持ちました。畳むのは予想以上に上手でしたが、やはり絞るのは難しいようでした。上手く手首をひねることができなかったり、力が入らずに水があまり出て来なかったりで、難儀している様子でした。ですが、それ以上に、濡れた雑巾で床を拭くことが楽しかったようです。乳児保育園でもやっていたこともあり、雑巾掛けはピカイチの子どもたちです。雑巾に両手をついて、お尻を高く上げて、勢いよく前に進んで行きます。以前よりも雑巾掛けに力強さを感じました。

 当然、まだ雑巾を絞ることも、床の上を真っすぐ拭くのも難しいです。ですが、子どもたちの意欲と「部屋をきれいにしたい」という気持ちはこども園のどの年齢よりも高いのではないかと思いました。そんな子どもたちの気持ちを大事にし、毎日の雑巾掛けを一緒に行おうと思います。

 

〔7月の保育の評価・反省〕

  • 給食を食べた後は、食器を片付けをしています。食器を一枚ずつ両手に持って運び、同じ食器ごとに積み重ねます。ゆっくり丁寧に、優しく食器を扱うことができるようになってきました。

  • 汗をかいたら着替えをしたり、経口補水液を飲んだりしながら過ごしました。脱いだ着替えは自分で洗濯袋に入れることもできるようになってきました。

(築山 加奈)






むつみ乳児保育園の2022年7月の様子

乳児
バシャバシャ

 気温が高い日が続くようになり、冷たい水に触れるのが気持ち良くなってきました。そんな中、プール開きを行ない、水遊びが始まりました。

 タライに水を入れるとすぐに這い這いや、歩行で近付いて行きます。そして、タライを覗き込み顔を上げてパッと表情を明るくします。太陽の光を反射させて輝く水面に、さらに期待が膨らんだようでした。

 

 次は片手を伸ばして水面に触れてみます。どの子も初めは恐る恐るゆっくりと手を伸ばしていましたが、一度水面に触れるとその冷たさが心地良かったようです。すぐに水をかいたり、水面を叩いたりして遊び始めました。その時は、顔に水しぶきが飛び跳ね『大丈夫かな』と心配したのですが、そんなことは全然気にならない程夢中になっていました。バシャバシャと水面を叩く音も少しずつ大きくなっていくことで、子どもたちの『たのしい』『おもしろい』という気持ちがあふれているようでした。ある子がその音に気がついたのか、手を止めると聴こえなくなる音に気が付いて不思議そうな表情を浮かべました。その日の、大きな発見があったようです。

 水遊びだけでなく、すべての遊びの中で大発見をしている子どもたちに毎日驚かされます。私たちでは見過ごしてようなことでも、子どもたちにとっては大きな発見であると改めて気付かされた出来事でした。だからこそ私たちも子どもたちと一緒に『これはなんだろう』や『みーつけた』を楽しみながら毎日を過ごしていきたいと思います。

 

〔7月の保育の評価・反省〕

  • 気温が高い日が続きましたが、こまめに水分補給をし、熱中症や脱水症状の対策に努めました。
  • 対面運動やベビーマッサージ、着替えや排泄等の時間を通し、一対一の関係を大切にしながら過ごしました。

(高橋 麻衣)

 
一歳児
自分で

最近、簡単な身の周りのことを自分でしようとする気持ちがどんどん出てきている子どもたちです。

 排泄の時、私たちが準備をしていると「おしっこ出る」と言ってトイレに来る子がいます。排泄が終わるとオムツとズボンを履きます。四月のころは、なかなかできずに私たちにズボンを差し出したり、履くのに苦戦したりしていました。それでも何度も繰り返すことでどこから足を入れるのかや、ズボンの端を引っ張ると上げることができることに気付き始めました。今では、牛乳パックの台(座ってはける台です)のところまでズボンを持って行き、それに座って履きます。まだまだ履くのが難しそうな時や、片方に両足が入っている時は、その都度子どもたちの様子を見ながら応援の気持ちを込めて声をかけています。

 

 

 園庭や散歩に行く時の準備も、自分の顔写真がついている帽子、靴下入れから帽子と靴下を取るなどの難しい工程があります。上にあげることが難しかった靴下を履くことも、両端をギュッと握って上げる事が分かり、自分なりの方法で履くことができるようになってきました。帽子も、同様です。日よけの部分を持って被ることも自分でできるようになってきました。できた時の『できた』という嬉しい気持ちが、子どもたちの表情から伝わってきます。

 子どもたちはひとりひとり私たちが言ったことややり方を覚えて、自分でやってみようとする姿があります。子どもたちの『自分で』の気持ちを大切に育てていきたいと思います。

 

〔7月の保育の評価・反省〕

  • 着替えをしたりこまめに水分補給をしたりして、熱中症予防に努めました。
  • 水遊びでは、水の冷たさや触れた時の気持ち良さを感じたり、じょうろやカップで水を移し替えたりしてじっくりと遊びを楽しむことができました。

(加藤 史緒莉)






2022年8月の絵本

0・1歳児

 
2歳児

 
年少児

 
年中児

 
年長児

 

 






むつみの夏の過ごし方

  • 熱中症対策

 十分な運動をして体内の血流を良くし、汗を多くかき、それに見合うような 水分補給と休息をとることが熱中症対策です。

私たちの体は、体温を一定に保つために外の気温に応じてさまざまな働きをしています。

 体が快適に感じる気温には幅があって、28.5度~29度を中心に、上が31度、下は27度くらい。その時の皮膚は、血管を微妙に閉じたり開いたりを繰り返して体温調節を行っています。ところが、暑くなると血管を開いただけでは体温の調整ができなくなります。このままでは体温が上がり危険…となる前に、体に備わった冷却システム=”汗”が作動します。汗は、蒸発するときに熱を奪って気化しますので、その分温度を下げることができるのです。汗の出る汗腺は、大人も子どもも同じ数です。汗腺には、汗を出す「能動汗腺」と汗を出さない「不能汗腺」があります。能動汗腺の数が多い方が、当然、体温調節機能が高いということになります。(日本人の能動汗腺数は約230万個と言われています。)

 能動汗腺は、2~3歳までの間にどれくらい汗をかくかによって決まりますから、今の時期に汗を多くかくことが、能動汗腺を多く作ることになります。それは、子どもたちが将来、老年期になるまでを健康に過ごすための大きな力になると言われています。逆に汗腺が少ないと汗も出にくくなります。その結果、体外へ熱を出せないため真夏には熱中症になりやすくなります。

暑いとエアコンに頼ってしまいがちです。エアコンによる調整は、対症療法と同じで、根本的な解決ではありません。冷房がよくきいていて汗もかかない環境は、私たち大人にとっては、快適な環境ですが、子どもたちにとっては、将来、後悔することになる悪い環境です。

当園での空調は、体調の悪い場合や食事の時、午睡の時等、冷房機器を限定的に使用することにしております。

体調の悪い子等のため、医務コーナー、休憩室は空調しております。

11年前のあの大震災が、猛暑の続く今、おきたらどうでしょうか?

停電が3日続いたらエアコンの生活に慣れてしまっている子どもたちは、大変な状況になることは容易に想像できます。

 

 

  • 水分補給

 水分補給は、こまめに行います。

 3歳以上児は、本人が行いますが、職員が一人ひとりの状況を観察しアドバイスをするようにしています。

 乳児、1、2歳児は、職員が、一人ひとりのおしっこの状況(回数、量、おしっこの色等)を確認しながら行っています。

 水分補給には、市の上水道の水を浄水器・活水器で浄化した飲料水(どの蛇口からも出ます)と必要な塩分、糖分、ミネラルを含む園で作った『経口補水液(子どもたちは魔法の水と呼んでます。)』を使用しています。

 

 

  • 衣服・身体の清潔

 汗をかいたら着替えをします。乳児は着替えと一緒に沐浴をしてさっぱりして 気持ちがよいという感覚を養います。そのような声をかけながら着替えをします。

 1・2歳児以上は、自分でできない子には、私たちが着替えさせてあげたり、一部手伝ったりして自分でできるような指導をします。

 汚れたら着替える。濡れたら着替える。汗をかいたら着替える。

 それが、自分も気持がよいし清潔に保つことだということを学んでいきます。汚れたり濡れたりした物は洗濯をするということも知り、着替えた下着や洋服は、ご家族の方が洗濯してくれている物であることにも気づきます。

 大人と子どもでは汗のかき方が異なるので、夏の間は特に着替えが多くなります。洗濯物が多くて毎日大変でしょうが、「今日もいっぱい汚したってことはいっぱい楽しいことがあったのね」とお考えいただき、そのような言葉をお子さんにかけてあげてください。

 年齢と共に生活習慣を学んでいく大切なことですので、よろしくお願いします。また、季節や気候によって服装が違うということも知ります。

 どうぞ、色々なお話をしながらお着替えの準備等してみてください。

 汗をふいて清潔に保つことも大切なことです。汗をふくハンカチは、必ず持たせてください

 毎日、すごい汗なのでシャンプーもよろしくお願いします。

 

 

  • 遊びと休息、給食

 基本的に遊びの量と質は変わりません。室内遊びでも外遊びでも気温や湿度に十分配慮し、こまめな水分の補給や遊びの種類に気をつけます。

 外遊びに出かけるときには帽子をかぶります。帽子がなければ外遊びはできません。園でご紹介している垂れのついている帽子は、紫外線対策や熱に対しても効果のある帽子です。水分補給用に飲料水(経口補水液)を準備して外遊びに出かけます。虫よけのためにオニヤンマ君をつけています。

 水遊びも年齢に応じたプールを用意して、水遊びやプール遊びをしています。 むつみこども園では、FRP製の大型プール、乳児保育園では、年齢、月齢、発達状況に合わせてFRP製の「渚プール」(赤ちゃんがハイハイで入っていけるプール)とサンシェードの下で大小のビニールプールを用いて水遊びをしています。必ず監視役の職員を配置して万が一にも事故のないような体制で行っています。

 猛暑の日には、年長児以外は、昼寝をしていますが、年長児も体調により行います。ご承知のように個人別にお昼寝ベッド(一部の乳児さんは違います)を使用していますので、風通しもよく毎日タオル等を交換していただいているはずなので清潔です。

※時折朝からあくびをしているお子さんやボーっとしているお子さんが見受けられます。話を聞くと就寝が遅かったり、エアコンがかけっぱなしだったりするようです。十分な睡眠と早寝早起きは、今の時期を乗り切るうえでとても大切だと考えます。

給食やおやつは、熱を冷まし、胃腸の働きを助けると言われている夏野菜を多く使い、子どもたちの食欲を誘うような献立で行います。

 

※私どもの職員は、保護者の皆様と同年代から祖父母の年代までおります。大人にとってこの猛暑はとても厳しいですが、22世紀を生きる皆様の子どもたちのためにエアコンのない環境で子どもたちと共に過ごしています。

私どもは、子どもたちにとって最善の保育・教育を常に考え、実践してまいりますので、ご理解いただきご協力をお願いします。






むつみプラスワン【2022年7月】

1+1=2?‼ 

 6月、7月とこども園に当園の教育・保育活動をご覧になるお客様がいらっしゃいました。

 6/20、南教育事務所(県教委)の指導主事の先生方が、7/8には近隣の子ども園、保育園の先生方と市教委の指導主事の先生方がお越しくださいました。

 また、7/5には、私どもが、旭小学校2年生の研究授業にお邪魔してきました。

 ご来園くださった先生方には、当園の拙い教育・保育活動をご覧いただき、その後それぞれの皆様の感想やご意見を頂戴しました。

 外からの目で私共の普段の活動を見て、いただいた感想やご意見で新たな気づきや反省もあり、有意義な公開研究になったと思います。お越しになられた先生方には、貴重な時間をお使いいただき、厚く御礼申し上げます。

(さらに…)






2022年7月の子どもたちに人気の乳児食レシピ


風薫るジェノベーゼ
 

材料:(子ども1人分)

スパゲティ:20g
ウインナー:10g
春菊:5g
エリンギ:5g
にんにく:0.2g
油:小さじ1/2
塩:ひとつまみ
コンソメ:0.2g

 

【作り方】

①ウインナーとエリンギを食べやすい大きさに切ります。にんにくはみじん切り、春菊はさっと湯通しした後、ペースト状になるまでカッターにかけます。
②フライパンに油をひき、①を炒め、塩とコンソメで味を調えます。
③鍋にお湯を沸かし、塩(分量外)を入れ、スパゲティを茹でます。
④②と③を和えたら出来上がりです。

春菊をペースト状にすると独特の強い香りがなくなり、とても食べやすく、子どもたちに大人気でした。ぜひご家庭でもお試しください。

スペシャルランチ【かえるの大合唱】

 

6月のスペシャルランチの動物は、子どもたちのよく知っているかえるです。雨の日にかえるがあじさいの花の上で歌を歌っている場面を描きました。かえるの合唱に引き寄せられてかたつむりが遊びに来ました。園でも毎日保育室から子どもたちの元気な「かえるの合唱」が聞こえてきます。かえるを指差し、「かえるさん、かえるさん」「かえるさんのめめ!」とクッキーで作ったかえるの大きな目玉が気に入ったようで、大興奮な子どもたちでした。






むつみ保育園 | むつみ乳児保育園