むつみ乳児保育園  むつみ幼保連携型認定こども園
社会福祉法人 睦福祉会 むつみ乳児保育園&むつみ幼保連携型認定こども園
教育と保育
取り組み
むつみの1日
むつみ乳児保育園 むつみ乳児保育園
年間行事
Q&A
園について

むつみこども園の2022年4月の様子

年長児
ワクワクした気持ちで・・

  『さぁ年長さんだ!』という気持ちや、『なんだかちょっと心配』そうな表情などの様々な気持ちが伝わってくる四月の始まりでした。が、コロナの影響で通常とは違う期間に入りました。落ち着いてからは新年度が再スタートしたようでしたが、最初の頃よりも多くの子どもたちが活き活きとしているように見えました。

 2歳児がグループに入るので、異年齢グループの再編成を提案すると「いいよ!」との返事とともに、みんなで新しいグループや担当を決めました。月曜日から始まるお当番を楽しみにしていました。が、同時に話し合いの難しさも感じたようです。これから色んな場面で意見を出したり、みんなで考えたりという経験を重ねていきたいと思っています。

 

 普段の生活の中では、遊びを見つけるのが上手な子どもたちです。特に折り紙を折ったり、切ったり手先を上手に使って遊ぶ子がたくさんいます。早速おばけ作りが始まり、部屋の壁にたくさんのおばけたちが並びました。そのうち「おばけやしき作りたい」との意見に、ロッカーの入り口にお化けたちを移動させ始めました。お化け屋敷の入り口が完成してくると、周りの子どもたちも興味を持ち「いいね」と共感してくれ、これからどんな風になるのか楽しみになりました。

 他にも裁縫をしたり、クッキングをしたいと「ケーキがいいかな?」「ピザがいいかな」と考えたり、ピタゴラスイッチのコースを発案するなど色んな楽しいことを見つけ始めています。

 

〔4月の保育の評価・反省〕

  • ひとりひとりと挨拶や一言、声をかけるようにしたり、遊びを楽しんだりすることで、子どもたちから話しかけてくれることが増えました。これからもひとりひとりとのコミュニケーションを大切にしていきます。子どもたちの興味や好きなことを一緒に楽しみます。

(松井 空子)

 
年中児
探検隊に行こう!

  探検隊で三十三観音に行きました。探検隊に行く前に服装の確認と準備を行いました。襟付きの服、長ズボン、首には汗拭きタオルを巻いていきます。そして『水筒に水を入れて自分で持って行く』というのが、年中児になり加わりました。水筒にはどれくらい水を入れていくか、どれくらいだと足りるかを考え、自分たちで水の量を決めました。コップ付きの水筒を使い、行き帰り飲んで帰ってくるにはどうするか、自分で飲む水の量を管理することを目的としています。

 

 準備が整ったら出発です。『探検隊』という言葉にわくわくしながら、歩き始めました。周りの景色を見て、咲いている花を見たり、小さなアリに気づいたり、小さな春を感じながら歩いて行きました。見覚えのある道路を通り、進んでいきますが、なかなか『着いたよ』の言葉が聞こえず『三十三観音ってどこなの?』『どれくらい歩いていくんだろう』と少し不安そうなドキドキした表情に変わっていきました。三十分以上歩いた所で「もう少し歩いて行かないといけないんだけど、どうする?行けそう?」と聞くと、子どもからの答えは「大丈夫!」でした。

 天候に恵まれ、途中水分補給をしながら、行きは五十五分、帰りは一時間十分かけて歩ききることができました。「疲れた」が一番の感想だったと思いますが『歩ききれた』という達成感も表情から感じました。

 どんなことにも「大丈夫」と前向きに考えられることもたちの元気に負けないよう、これからもたくさんの発見をしながら探検してきたいと思います。

 

〔4月の保育の評価・反省〕

  • 手洗い、うがい、検温をこまめに行い、体調管理に気を付けて過ごしました。

  • 一列で歩く、前の人について歩く等の約束や横断歩道の渡り方等交通ルールを確認し、安全に歩いていくことができました。

(山内 麻知子)

 
年少児
春が来たよ

 園庭に行った時のことです。桜の花が咲いたことに気がついた子が「さくら咲いたね」と笑顔で話しかけてくれました。周りの子と一緒に桜の木を見上げると、暖かさに誘われるように薄ピンクの綺麗な花がたくさん咲いていました。

 探険隊の日の朝、どこに行くかをみんなで話し合いました。「公園に行きたい」「ブランコに乗りたい」「仁坂公園にしよう」と、次々に行きたいところやりたいことが出てきました。この日は行き先が、仁坂公園に決まりました。

 

 仁坂公園に着いてすぐにブランコで遊び始めた子がいました。ブランコに座ると「ねえ、押してちょうだい」と待っています。私は「両手でしっかり握って足を伸ばしたり曲げたりしてごらん」と動きを知らせて、『大丈夫かな?わかったかな?』と心配な気持ちで様子を見ていました。最初は自信なさそうに足を動かし、自分が考えた通りに動かなかったブランコが少しずつ揺れ始めました。揺れ始めると不安気だった顔が、嬉しそうな表情に変わりました。そして自信なさそうに動いていた足の動きも力強くなり、ブランコの揺れも大きくなりました。そして、ついに「できたよ」と見せてくれた笑顔に、私も『やったー』と笑顔になりました。

 回転遊具で遊んでいた子どもたちは複数で集まり、乗る人、回す人と交代しながら楽しんでいました。自分たちで楽しむことを考え、「スピードだしてください」「のりまあす」とお互いに声をかけ合いながら遊ぶ姿に頼もしさを感じました。

 

〔4月の保育の評価・反省〕

  • 保育教諭と一緒に片付けることで、自分から後始末ができるようになり、以上児室の使い方も少しずつ分かってきました。

  • 保育教諭と一緒に着替えをしたり、汚れた衣類を自分で洗濯袋に入れることでロッカーの使い方を知りました。

(宇都宮 美代子)

 
二歳児
行きたい!

 以上児の子どもたちが探険隊へと出発して行った日のことです。「以上児さんたち、探険隊に行ったんだよ。みんなも行かない?」と私が聞くと「行きたい!」と元気な返事が返ってきました。「どこに行こうか」と聞くと、考え中のようだったので「園庭の山とか、仁坂公園とか」と言いますが、誰もうなずきません。「バス停を見に行くのもいいかもしれないね」と言うと、半数以上の子どもたちが、勢いよく「バス停に行きたい!」と目を大きくさせました。「では、バス停に行きましょう!」と言い、準備を始めました。いつもの外遊びの準備の時以上に張り切って準備し、「早くバス停に行きたいな!」と目を輝かせながら出発しました。

 

 バス停は乳児保育園の横にあるので、あっという間に到着しました。久しぶりのバス停に喜ぶ子どもたちは、バス停の中の椅子に座って道路を走る車を眺めていました。すると、一人の子が「今度は公園に行こうか」と提案しました。すると「行く!」「公園に行きたい!」と、他の子たちがその意見に賛成しました。そして、次は仁坂公園に向かって歩き始めました。その時の子どもたちの生き生きとした姿が印象的でした。

 行きたい場所をみんなで決めて、そこを目指して歩くことの楽しさ、到着した時の満足感を実感した日となりました。またみんなで行き先を決めて、散歩へ行きたいと思います。

 

〔4月の保育の評価・反省〕

  • むつみこども園での生活が始まり、緊張と不安もありましたがすっかり慣れました。朝の準備、給食前の準備等も、職員と一緒にできるようになってきました。

  • 手を洗うと、手伝ってもらいながらハンカチで手を拭くという習慣が少しずつ身についてきました。

(築山 加奈)






むつみ乳児保育園の2022年4月の様子

乳児
これなあに

 窓から入って来る日差しが暖かく、柔らかくなってきました。そんな春の穏やかな雰囲気の中、子どもたちは様々な発見をしています。

 ある日、保育室に鏡を出しました。初めは少し離れた場所から見ていた子どもたちですが、一歳児さんが覗き込む様子を見ると少しずつ近付いて来ました。そっと覗き込んだ鏡の中に、発見したのはもう一人の自分の姿です。鏡の中を覗き込み、動きを止めてじっと目を合わせています。しばらくして片手を上げると、向き合ったもう一人の自分も片手を上げました。相手が動いたことに驚き、ありったけに目を見開いて鏡の相手を見ます。『どういうこと?』と、不思議そうな表情を浮かべていました。その後、直ぐに顔を近付けたり、手を合わせたりといろいろ試しながら遊びが広がっていきました。初めてのことに驚きつつも、次々と遊び方や触れ方を試してみる子どもたちの様子に驚かされます。 

 

 保育室の窓から見える景色も子どもたちは興味津々です。天気の良い日に、窓の外をじっと見つめている子がいました。私も一緒に覗いてみると、そこには色付き始めたさくらの木がありました。つぼみだけの枝に少しずつ花が増えていることに気が付いたようで、『あれは何だろう』と目を逸らさずにじっと見つめていました。私たちでは見逃してしまいそうな小さな変化も、子どもたちにとっては大きな変化になっていることに改めて気付かされました。

 これからも子どもたちと一緒にたくさんの『これはなんだろう』を見つけていきたいと思います。

 

〔4月の保育の評価・反省〕

  • 天気の良い日には園庭に出かけ、草や葉などたくさんの自然に触れました。

  • 生活リズムを大切にしながら、排泄や着替え、食事などの時間にじっくりと関わる事ができました。

(高橋 麻衣)

 
一歳児
みーつけた

 二十一名で新年度がスタートしました。少し広くなった保育室の中ですが、子どもたちは思いっきり走ったり、興味のある遊びのコーナーで遊んだりしながら元気いっぱいに過ごしています。

 暖かい日が増えて、園庭の雪も溶けました。早速、園庭に出て活動しています。靴下を履き、帽子を被りテラスに出ると、どの子もワクワクした表情にあふれていて、楽しみな気持ちが伝わってきます。園庭に出ると、奥の斜面や小山にまっすぐ向かいます。一緒に歩いていると「あ」と声がして、何かを指さしている子がいました。その指の先には、地面から顔を出したつくしがありました。「大発見だね」と、そこに立ち止まって一緒につくしを見ていると、周りでも「あー」「みて」と声がします。よく見てみると子どもたちの声の先には、たくさんのつくしがありました。大人では見落としてしまうような小さな芽を、見落とさずに発見できる子どもたちだと改めて感心しました。

 

 園周辺の散歩にも出掛けています。周りの景色を、よく見ながら歩ている子どもたちです。木にとまっているからすを見つけた子がいました。「からす」の一声に、その場にいた他の子も『どこにいる?』というように周りを探し始めます。見つけた瞬間、「カァーカァー」と 鳴き声を真似したり、じっと見つめたりと反応は様々です。誰かの発見を共に共有しながら楽しめるようになってきています。

 これからも一人の子の発見がみんなの楽しみになれたらいいなと思います。

 

〔4月の保育の評価・反省〕

  • 自分でズボンや靴下を履こうとする気持ちを大切にしながら、やろうとした時やできた時に褒めることで、意欲に繋がりました。

  • 晴れた日は園庭や散歩に出掛け、つくしやふきのとうを見つけ、様々な春の発見をすることができました。

(加藤 史緒莉)






むつみ保育園 | むつみ乳児保育園