むつみ乳児保育園  むつみ幼保連携型認定こども園
社会福祉法人 睦福祉会 むつみ乳児保育園&むつみ幼保連携型認定こども園
教育と保育
取り組み
むつみの1日
むつみ乳児保育園 むつみ乳児保育園
年間行事
Q&A
園について

むつみこども園、乳児園Webサイト更新だより

  
  
むつみこども園、むつみ乳児園の情報を更新しました。
下記リンクよりご覧いただけます。






むつみこども園の2022年10月の様子

年長児
ハロウィン

 菊地さんの畑でさつまいも掘りをしていた時、畑の端に小さなかぼちゃが置いてあることに気が付きました。それは、もう食べることができないかぼちゃだと聞いた子どもたちから「ハロウィンのかぼちゃ作れるね」とのつぶやきが聞こえてきました。子どもたちから菊地さんに頂けないかお願いをしてみました。すると、「もらいたい人はどうぞ」との返事に、心配そうに問いかけた子どもたちの表情がパッと明るくなり、張り切って園に持ち帰ってきました。帰りのバスの中でどんなハロウィンのかぼちゃにするか、どんな顔を作るのか、帰りのねこバスの中はハロウィンのかぼちゃで盛り上がりました。

 

 かぼちゃを洗って乾かし、個性あふれるハロウィンかぼちゃ作りに取り掛かります。「かぼちゃじゃなくて、折り紙で飾りを作りたい」と魔女やネコの飾りを作る子もいました。さつまいも掘りに参加できなかった子どもたちがそれを見て、「おもしろそう」「わっか飾りも作ろう」「私も入れて」とどんどんハロウィンの準備が広がっていきました。

 「ハロウィンのパーティーがしたい」と、以上児室のロッカーを飾り付けしたり、配るお菓子を作ったり、準備がどんどん進んでいます。さらに、年中児が「パーティーに参加したい」ためにステッキを作っていることを知ると「じゃあお菓子もっと作らなきゃ」とさらにうれしくなったようです。年中児も楽しみにしていることで自分たちの楽しみも増したようです。年長だけでなくこども園のみんなに楽しい気持ちが広がって、わくわく感が園全体を巻き込み始めています。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  •  
  • 運動遊びをしました。跳び箱や鉄棒で基本の動きを繰り返し行ったことで、跳び箱の段数が高く飛べる、鉄棒でできることがどんどん増るなど自信がついてきてさらに挑戦しています。

(遠藤 瑞季)

 
年中児
みんなのお店

 探検隊の時に三十三観音でたくさんどんぐりを拾ってきました。

 拾ってきたどんぐりを使って何かしたいことはあるか聞くと「何かを作りたい」という意見が出ました。そして、図鑑を見ていた子が『どんぐりコマ』の作り方が載っていることに気付き教えてくれました。そこから、直売所にあったハロウィンかぼちゃを思い出し「どんぐりでもハロウィン作りたい」「動物を作ってみたい」と次々に作りたいものが出てきました。最後に、一人の子が「どんぐりのお店もいいな」と言ったことから「それいいね!」になり、作ったものをお店で売ろうという事になりました。

 お店を開くには何が必要か話をしていた時です。以前段ボールでお家を作っていた子たちが「私たちのお家をお店にしてもいいよ」と言ってくれました。「屋根がないから屋根を作らないと」「看板もほしいな」とわくわくが止まらない様子で話は盛り上がりました。

 

 しかし、実際にお店作りが始まると、様々な問題が出てきました。お店として使うはずの家が倒れてしまったり、品物を作っても置く場所がなく、床に散乱していたり…。「このお店は誰のお店?」「どんなお店だとみんなが買いたいって思うかな?」と出てきた問題をひとつひとつみんなで考えているところです。

 商品の並べ方は、今月の探検隊で直売所を見た時に気付いた子がいました。『物の名前と値段が書いてある』『袋の中に入れてある』『箱にきれいに並んでいる』等お店作りを進めるうえでのヒントを見つけたようでした。

 子どもたちが『やりたい』と思ったお店を開店できるように、お店作りを進めていきたいと思います。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  • たくさん散歩に出かけ、横断歩道の渡り方や縦列で歩く等、交通ルールを知り、守りながら歩くことができるようになってきました。

(山内 麻知子)

 
年少児
ネコちゃんいるかな?

 西山児童公園に向かう途中にネコを飼っているお宅があります。公園に行く時には必ずその家の側を通ることが決まりのようになっています。

 その日もいつものようにそこを通りましたが寒くなってきた為かいつもは開いていた窓がしまっていました。「ネコちゃんいるかな?」と閉まっている窓を見てみると一匹のネコがじっと子どもたちを見ていました。子どもたちは「ネコちゃんいたー」と、その場に立ち止まりみんなで顔を見合わせて喜びました。「ふわふわのネコちゃんだ」「お髭長いネコちゃん来ないかな?」と子ども同士で会話が弾んでいました。(この日は二匹だけが姿を見せてくれました)

 

 別の日「くもの巣公園に行きたい」という子どもたちの意見により、西山児童公園に行く事に決まりました。その日もネコに会えることを楽しみにしながら歩いていました。が、窓にはネコの姿がありませんでした。「あれ。ネコちゃんいないね」と少し残念そうにする子もいれば、「にゃー」とネコの鳴き声で呼んでみる子もいて、ネコに会いたいという子どもたちの思いが伝わってきました。公園で遊んだ後、帰りの道でもネコがいるか期待していましたが、ネコの姿がなく「今日はいないね」「また今度見に行きたい」と話す子どもたちの会話を聞き、私も「次はどんなネコがいるのかな」「何匹いるかな」と自然と子どもたちと同じように楽しみになってきました。

 公園で遊ぶことだけでなく、地域の人に挨拶をしたり、ネコに会えることに期待を膨らませたりと、たくさんのことへの興味や関心が広がってきました。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  •  
  • ふるさと村へ探検に行き、公共施設の使い方やルールを守りながら様々な発見や経験をすることで、子ども同士の関わりや声かけ、会話が増えてきました。

(伊藤 安美)

 
二歳児
ドレス大好き!

 二歳児室には素敵なドレスがたくさんあります。そのドレスを着たくて登園を楽しみにしている子も多く、二歳児室で遊んでいる時は誰かしらドレスを着ているのが日常となっています。白、黄色、水色等、様々な色があり、スパンコールやリボン、花がついていたり、パフスリーブの袖であったりと、デザインもさまざまです。

 

 数名の女の子たちがドレスを着て遊んでいると、一人の男の子がそれをじっと見ていました。「ドレス着てみる?」と聞くと、嬉しそうにうなずいたので一緒に着てみました。一緒に鏡を見て「かわいいね」と私が言うと、少し恥ずかしそうではありましたが、嬉しそうにおままごとコーナーにかけていきました。普段着ることのない、チュール素材でフリフリのドレスが気に入ったようでした。それを見た、他の男の子たちも「これ着る!」と、嬉しそうに私のところにドレスを持ってきました。数名の男の子たちがドレスを着ると、最初に着ていた女の子たちは、男の子たちに「似合うね!」「かわいいね!」と大絶賛でした。みんなでドレスの素敵なところを言い合い、みんなで褒め合っていました。そんな子どもたちの楽しそうな姿がとても素敵で、嬉しく思いました。

 「ドレスは女の子が着るもの」と思う人の方が多いと思いますが、いろいろな経験をすることで、子どもたちの可能性や視野が広がると思います。子どもたちのやってみたい、挑戦してみたいの気持ちを大切に、一緒に過ごしていきたいと思います。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  • 食べこぼし等で、テーブルや床を汚した時には一緒に片付けました。自分から気付いて片付けることができる子も増えてきました。
  • 昼寝後、ほぼ自分でバスタオルを畳んでバッグに入れることができるようになりました。

(築山 加奈)






むつみ乳児保育園の2022年10月の様子

乳児
見つけた秋

 園庭から見える山の色も変わり始め、気温だけでなく景色からも秋が深くなって来たことが感じられます。

 支援学校方面に散歩へ行くと、松ぼっくりが落ちているのを見つけました。それを拾った子が『見て見て』と目を輝かせながら私に見せにきます。「松ぼっくり、あったね」と言うと「うんうん」とうれしそうに頷きます。散歩で見つけた松ぼっくりを拾って、大切な宝物を見つけたようにみんなで見せ合っていました。言葉はなくても、見つけた嬉しさをお互いに共有しているように思えました。暖かい時の流れに、みんながほっこりした気持ちになりました。

 

 支援学校を出て少し進むと、道路わきにススキが生えているのを見つけました。「ススキがあったよ」との言葉に「ススキ」と繰り返し真似して言う子や、風で揺れているススキと一緒に揺れながら見る子もいました。また、言葉と実際に見た物の名前が一致して、ススキがあると「ススキ、ススキ」と言いなが歩いて帰っている子もいました。誘導ロープをしっかりと握って歩けるようになり、園庭だけではなく園外の季節の変化にも気付けるようになりました。

 子どもたちは散歩や、外遊びで冷たい風が吹くと「おー」と目を細め、太陽がまぶしいと目の上に手を置き眩しさを感じるなど身体全体を使って季節の変化に触れています。子どもたちの感じたままの感性を、私たちも一緒に感じたり感動したりしながらこれからも関わっていきたいと思います。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  • リズム体操や散歩を通して足の指を使ったり、歩行をしたりすることで、たくさん身体を動かして活動することができました。
  • 気温に応じて衣服の調節や水分補給を行ないました。

(岡本 亜優真)

 
一歳児
どんぐりコロコロ

 朝夕が一段と寒く感じる日が増えてきました。

 ある日子どもたちが園庭で遊んでいると、以上児がどんぐりを持っているのを見つけました。するとすかさず、「どんぐりほしい」という声が上がりました。それを聞いた以上児が、園庭の奥の斜面を上り端の方にどんぐりがたくさん落ちていることを教えてくれました。早速そこに行ってみると、「ここにもある」「いっぱい」とどんぐり探しに夢中です。我先に見つけたどんぐりを拾っては、手に一杯になるくらい集めました。

 

 その日から、園庭でも支援学校に行った時もどんぐり探しが始まりました。まるで、どんぐり探検隊です。目を皿のようにして探す子どもたちと一緒になって私たちも探しました。集めたどんぐりで、何か楽しいことができないかと考えてみました。

 そこで、どんぐりの転がし絵をしました。底に画用紙を敷いた箱を準備し、赤と青の絵の具を付けたどんぐりをスプーンですくって紙の上に置きます。箱をゆっくり傾けると、どんぐりが転がっていく方向をじーっと目で追います。箱と一緒に身体も傾け、「コロコロー」と言いながら転がします。どんぐりが転がった後の線を指でなぞったり混ぜたりすることで、色が変わることに気付く子もいました。手を見て、「黒い」「きれい」などと、子どもたちの反応は様々です。転がすだけでなく、色が変わることに気付いたり、絵の具の感触を楽しんだりしながら楽しい時間を過ごしました。

 自分たちで見つけた宝物がまた別の新しいものに変わったことで、さらに遊びが深くなりました。

 

〔今月の保育の評価・反省〕

  • 仁坂公園や支援学校に出掛けたことで身体を動かす意欲に繋がりました。
  • 帽子や靴の着脱など意欲的になり自分で出来ることが増えてきました。

(加藤 史緒莉)






2022年11月の子どもたちに人気のレシピ

むつみ焼きそば

 

材 料(子ども約1人分)

米麺(ゆで):50g
豚バラ肉:10g(スライス2㎝カット)
キャベツ:10g(ざく切り)
玉ねぎ:5g(スライス)
人参:5g(短冊切り)
ピーマン:3g(千切り)
なたね油:小さじ1
塩:少々
濃厚ソース:小さじ1

 

【作り方】

①フライパンに油を引いて豚肉を炒めます。
②硬い野菜から炒めます。(人参→玉ねぎ→ピーマン→キャベツ)
③②に米麺を入れ、調味料で味付けをして出来あがりです。

★大人はコショウ等を入れるとすごくおいしいと思います!親子で楽しんで作ってみてください!ソースをケチャップに変えると簡単ナポリタンになりますよ!

 

スペシャルランチ【クモの巣だらけ】

 10月のスペシャルランチは『くものすだらけ』でした。“びっくりかぼちゃ”の中からはピラフがドーンと登場し、子どもたちも『わぁー!』と驚いている様子でした。『クモがでてくるかとおもったー』という子もいました。給食室の窓にはクモの巣を装飾しました、すると、待っている子どもたちがクモの巣を発見し、中にいる私たちに『クモだよー』とかわいい手を真ん中に当てて指を動かして見せてくれました。子どもたちの瞬時に出てくる発想力に毎日驚きと楽しさを感じます。






2022年11月の子どもたちに人気の乳児食レシピ


かぼちゃのクリーミー味噌汁
 

■材料:(子ども1人分)

かぼちゃ:20g
玉ねぎ:10g
コーン:5g
豆乳:30g 
味噌:2g
昆布:0.5g
パセリ粉:少々

 

【作り方】

①かぼちゃは一口大の大きさに切り、玉ねぎは薄切りにします。
②鍋に昆布を入れて出しを取り、①を入れて軟らかくなるまで煮ます。
③豆乳を入れ、味噌で味を整えます。
④最後にパセリ粉をふりかけて出来上がりです。

☆あま~いかぼちゃとクリーミーな豆乳がマッチする大人気の味噌汁です。子どもたちから「おかわり!」の声が絶えません!!

 

スペシャルランチ【くものすだらけ】

・びっくりかぼちゃ

・蜘蛛の巣バーグ

・真っ赤なスープ

10月のスペシャルランチは『くものすだらけ』。大きな大きなびっくりかぼちゃに子どもたちの目は釘付け!!お肉で作ったクモやマヨネーズで描いたクモの巣よりもかぼちゃが丸ごと出てきたことにびっくりしていました。あま~いかぼちゃは子どもたちに大人気でした。






2022年11月の絵本

0・1歳児

 
2歳児

 
年少児

 
年中児

 
年長児

 

 






むつみプラスワン【2022年11月】

 10/28 年長児のキャンプ最終日です(この原稿を書き始めた日です)。

 26日からの3日間、年長児たちは快晴にも恵まれ森吉の秋を満喫できました。

 担当が不慮のことから直前に引率できなくなり、どうなることかと思ったのですが、職員同士の連携もあり、又、案に相違して子ども達が担任不在にもかかわらず落ち着いて普段通りの行動を見せてくれました。日ごろの『チームむつみ』としての教育・保育活動があらわれたのだと確信いたしました。

 また、担任不在でも動揺することなく、新たな引率チームに全幅の信頼をお寄せくださり、子ども達を送り出してくださった保護者の皆様にも感謝いたします。

 未知の世界で未知の体験をしてきた子ども達です。初めて訪れた場所、初めて出会う人たち、初めて見るむつみの仲間たちの素顔、初めて家族から離れて過ごす3日間。

 この3日間で何をやり、何ができ、何ができなかったか、何を考え、何を感じ、何を体験したのかは、23人の子ども達がそれぞれ違います。

(さらに…)






むつみ保育園 | むつみ乳児保育園